いつも寝起き?って聞かれます。。

自称日本で一番詳しい方の業界人の表じゃ書けないDAW関連本音レビュー とMixテクニックをつらつらと書いていきます。

プロでも使えるMIXテクニック 実際のMixの流れ編 Vol.14:そもそもの下準備が出来てない人の多さに気づいたので編 前半

これ以上特に書かなくてもだいたい分かるかなーと思って、ちょっとサボってたんだけど、最近よくある相談や送られてくるファイルで気になることがあって「ミックスとか音が細い原因って完全にそこじゃない?」ってのがあったので。

 

アンシュミのギターの音が細いとか、ドラムの音が抜けないとか、全体の音のバランスが崩れやすいとか、、、まあいろいろあるんだけど。そのトラックのVUってどれくらい触れてるかい?後、プラグインの入力と出力のレベルも適正レベルかな?

 

はい?って人多いと思うんだけど、ここのが最大のキモかも知れない。こっちは意識もせずに常に確認してるから説明の必要性を感じてなかったけど、知らなきゃ知らないよね。

 

例えば、コンプに付いてるメーターのGRは絶対見るとして、インプットとアウトプットのレベルみてる?なんで、あるのかがわからないと見ないよね。ハードウェアで育った世代(何度も言うけど、俺、30代ね)って、ここを合わせていかないと、絶対に音が良くならないのを無意識に知ってる。いろんな機器をミキサーに入れて、適正レベルに

揃えてから作業をするんだけど、DAWのミキサーにはこの適正レベルに合わせるつまみがない。

 

ならどうするかというと、まずはマスタートラックにVU系のプラグインを挿してみよう。出来ればハードのVUのほうが反応いいけどね。まずは意味がわかればいいので。

 

ちなみに個人的にはVU系プラグインならこれが一番感覚があうかな。(http://www.tb-software.com/TBProAudio/mvmeter2.html)さらに無償だし。

 

VU無いところで作業するときとかにダウンロード出来るようにDropboxインストーラー入れてある。このご時世、都度ダウンロードすればいいじゃんって思うけど、いざってときに製品名覚えてないからこうしてる。今も一回インストーラーみて、製品名を確認してるしね。。

 

まずそのトラックをソロにしてVUがどれくらい振ってるか見て、全然触れてないなら、VUの-3db~-5dbくらい触れるまでトラックの波形のボリュームをあげる or トリム系のプラグインで純粋にボリュームをあげる。この状態で出音がクリップするなら、トラックのフェーダーを下げといて。

 

このレベルの信号が来て初めて、コンプやEQがちゃんと適正に反応するのね。VUの-3db~-5dbってのは大体の値で、その辺まで針が触れてない音は、どうやっても音が細い。もちろん触れすぎは録音レベルがでかすぎる=録りで失敗してるので、逆に下げる所から始める。

 

こういった調整をしてないのにいきなりプラグイン挿しても、ノブの位置程掛かって無くて、それぞれの道具の役割を果たしてないってことなのよ。

 

次にそれぞれをどうするかを書くので、まずはここまでを確認してみて。

 

勉強するのにお薦めはプラグインは、WAVESSSL Channnelかな。何でかっていうと「THE ミキサー」だから。

 

インプットレベルのノブとアウトプットのノブがちゃんとあり、それぞれのメーターがあるから、今回の意図を確かめやすいのね。アウトプットのノブがあるプラグインは多いんだけど、インプットって意外とないのよ。 

 

では、次回。