読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも寝起き?って聞かれます。。

自称日本で一番詳しい方の業界人の表じゃ書けないDAW関連本音レビュー とMixテクニックをつらつらと書いていきます。

プロでも使える脱力系MIXテクニックCOMP編Vol.1:何でもすぐコンプレッサーって、、、その前にやることあるでしょ?

MIX

コンプ好きな人多いですよね~、、

 

音量が上がる魔法のツールとしてほとんどのトラックに挿さってたりしませんか?バイパスをした時に明らかに音量が下がる人はハッキリ言って使い方が間違ってます(苦笑)心当たりある人はアレンジまで戻って下さいませ。。

 

というのも、宅録の場合のオケはほとんどが打ち込みな事が多いので、音量がバラついていたら打ち込みを直せばいいし、音量がでかければ下げればいい(逆もしかり)ワケです。プロもアマも同じ音源を買って使える時代になんでここまで音の差が出るのかなって思うことが多いけど、結局は打ち込みの技量なの。

 

例えば、ドラムの打ち込みのベロシティの値ね。100以上って結構本気で叩いた時くらいにしか使わないから、60~100で打ち込んで、さらに欲しい時にそれより上を使う感じ。ゴーストはさらに下。で、まず音源の音の句切れ目を探すのが面倒くさいけどかなり有効。どういうことかというと、ベロシティが1~127だからと言って127段階音が変わるわかけじゃなくて、例えば、その音源のベロシティの切り替えが4段階しかなかったら、〜60、60〜、80〜,100〜(数字は適当)の位置でしかメーカーがー用意した別のサンプルにならないわけ訳。だからその間で細かい数値でベロシティの位置を変えても同じ音の気持ち音量が違うくらいで、そこまでやってる気になってるほど結果に出てないのさ。

 

ワンオクやPeripheryみたいなドラムの音が好きだったら、もうベロシティの話じゃなくて、トリガーや貼り付けの話も入ってくるから別ね、今度ちゃんと書くから。今は出音じゃなくて、データの作り方。

 

最近の生楽器系のソフトシンセの容量が膨大なのは、この段階が8とか12とかかなり細いところまで来てるのが理由なんだけど、その境目をうまく使えてないのが打ち込みくささにもつながる。で、そういう人ほど音源のせいにするし、MIXでなんとかなると思ってる。プロでも結構多いから笑えない。プロになるのが昔より簡単だからだろうね(苦笑)

こんな面倒くさいこと本当にしてるのって?思うかと思うんだけど、仲の良いトップクラスの劇版作家さん達は音源を買ったらまず最初にやってる人が多い。ハードウェア音源やサンプリングCDしかなかった頃は、多くても4段階とかだったからこそ、必ずチェックして時の名残だと思うだけど、その世代の人の打ち込みはのレベルは格段に違う。

 

で、ここがコンプに頼る前の最低限の処理だったりするから、コンプ編の最初に持ってきてみました。

 

別のタイミングでアレンジに関して書くけど、こう言ったアレンジの知識や技量を身につけないと、いっぱいお金かけてプラグイン買いまくって、無駄な音やエフェクト挿しまくって、挙句にしょぼい音のカンパケを世に出して、自称評論家たちに陰口を言われる(笑)

 

コンプでグループを操る!的な記事を見かけますが、それに手を出すのちょいと早い!(というか、グルーブっていう曖昧かつ、自分を騙す言葉はないな。)

もちろん、コンプでアタックやリリースをコントロールすれば(コントロールの仕方は次回!)ノリは変わります。でもここは全てオーディオトラックで渡され、追加アレンジの出来ないエンジニアのタイミング。クリエイターは元データを磨こう。

 

WEBに上がった写真と同様に公開したデータは絶対に世の中から消えない。妥協したものを作るとそれを聞いて低く評価した人とはもう仕事も含め音楽では繋がれないよ。。

 

ちょっと脅かしすぎたから、話を柔らかくしていこう(笑)

 

打ち込みの練習はもっと研究すれば自力で出来ます。スネアは少し後ろ目に~~、的な位置の話よりさっき書いたベロシティに拘りましょう。ここではwatsusiさんの著書「MPCで学ぶリズム打ち込み入門」がとても参考になります。タイトルにMPCって入ってるので誤解されがちですが、完全に打ち込みドラムの教科書です。どこの位置のベロシティが高いとこうやって聞こえるっていうのが体験しながら学習できます。(ステマじゃないよ〜。ちょっと前の本だし。)

 

音の位置に関しては諸々あると思いますが、裏拍を1小節の1番最後、24拍、8分裏、16分裏と順に細かく後ろに下げればそのうち気持ちが良いところが見つかります。コツは早く聞かせたいノートの前のノートを少し遅らせる感じですかね。まずベロシティ、次に裏の位置をしっかり覚えると、雑なドラム音源でもかなり本気で聞こえるようになります。

 

市販のMIDIファイルやドラム音源に付属しているMIDIファイルの中で好きなものを実際にトラックに貼って研究してみるとどんどん腕は上がります。

 

同じ種類の新しい音源を買う前に自分の給料を時給計算して、新しい音源の価格分の時間をまず打ち込みの練習に使ってみよう。その方が良い結果になるかもね〜。