読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも寝起き?って聞かれます。。

自称日本で一番詳しい方の業界人の表じゃ書けないDAW関連本音レビュー とMixテクニックをつらつらと書いていきます。

プロでも使える脱力系MIXテクニックEQ編Vol.6:最先端のEQ処理はCOMPでやろう!時間軸での周波数の住み分け。

MIX

最先端っていっても、自分では結構昔にこれを自力で見つけた方法なんだけど、同じ事を考えた人が多発的にいろんなとこで居たんだろうね。で、主流の1つになってきた感じ。

 

EQの基本って大まかに2つ。

①音を作る

こっちはご自由にどうぞって感じかな。一つだけ言うとしたら、もともとのトラックに無い周波数はいくらブーストしても上がらないから、元音の状態が何よりも重要。つまり、録り音なんだよね。生音系のソフトシンセは既に整えてあるから、ブーストよりは次の周波数の整理が主になると思う。元音の修正が出来ない場合もあるじゃない?そういうときは自分の耳だけを信じてやろう!目で見てるととんでも無い形になってるかもしれないけど、それでOK。目で見えすぎると見た目で調整しちゃうからね。例えば、15dbブーストとかになってても良いの、元音のその帯域がそこまでブーストしないと聴こえレベルでしかないってことだから。

 

②周波数の整理

こっちが今回の本題で、タイトルでもある時間軸での周波数の整理のやり方です。

 

ギターやシンセがカッコいいバースがあるとして、そこに歌が入るとギターが被って歌が抜け聴こえずらい。じゃあ、被る方のコード楽器に歌と被っている帯域をカットしようってのが普通。でもこれだと歌がないタイミングもずっとその帯域がカットされてる訳で、せっかくのバンド隊の見せ所もボーカルに気を使ってる感じ。勝手にこれを「一世代前のEQ」としよう。プロでもスカスカだなって人のEQはここ止まり。海外のMIXとの差の1つがこれかなって思う。

 

で、どうするかっていうと、サイドチェインとマルチバンドコンプを使いこなすのが「今」感かな。サイドチェインって、EDMでベースや上モノをブワブワさせるものなイメージが強いけど、そっちが応用ワザで今からの説明が基本だったりする。

 

さっきの例を使うと歌に被るトラック(もしくは、それらをまとめたBUS)にコンプをインサート。で、前にいて欲しいトラック(もしくは、それらをまとめたBUS)からサイドチェインの信号をSEND。こうすると歌があるときにだけオケの方にコンプが掛かって音量が下がる訳ね。逆を言えば、歌がないときはコンプがかからないから、オケは可能な限りあげちゃって良いのさ。

 

そうすると、オケが主役→歌が入ったらオケが少し引き下がる→歌が止まったらオケが出てくるみたいに、プロミュージシャンがLiveでやってるみたいな駆け引きが自動で出来るから、時間軸で主役(聴こえてて欲しい音が)が変わる。

 

これはKICKとBASSの関係にはかなり有効で、KICKからBASSへのサイドチェインをすると、同じタイミングで鳴った時の低音の暴れを逃がせるから、BASSの方にKICKとの住み分けのEQが要らなくなる。こうすると、KICKが鳴ってない時のBASSの音量が稼げるから安定した低音感を保てる。邦楽を聞いてると低音のキープが下手だなって思うのさ。まあ、文化の違いが一番だけどね。主に聴くのがリズムか歌かのお国柄。

 

更に応用でこのインサートをマルチバンドコンプにすると、音量だけじゃなくてねらった周波数だけ時間軸で逃げれるって事。サビで入ってくるストリングスが邪魔なときとか、イントロで弾いてるリード音がサビでも鳴らしたいときに、どっちも目立ってほしいから歌の切れ目切れ目で聞こえる様にしたいとか、アイディア次第では何でも出来る。

 

使うのはコンプでも良いんだけど、いろいろ試した感じ個人的にお薦めはWAVESのRenaissance Compressorかな。これが一番掛かり方が分かりやすい。ちなみにGRの目安は-1~2dbでOK。 こんだけのリダクションでもかなり効果があるよ。マルチバンドだと、FabfilterのPro-MBが使いやすいかな。

 

ちょっと難しそうに見えるけど、実は簡単だから試して見て下さいな。使えるようになると「俺、MIXうまくなったかも」って思うよ(笑)サイドチェインコンプを縦横無尽に使ってると、プロっぽいしね