読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも寝起き?って聞かれます。。

自称日本で一番詳しい方の業界人の表じゃ書けないDAW関連本音レビュー とMixテクニックをつらつらと書いていきます。

プロでも使えるMIXテクニックEQ編Vol.5:倍音っていいヤツだよね。でもちょっと〇〇なとこあるよね〜。。倍音カット編

前述の「☆倍音っていいヤツだよね。倍音ブースト編」で、倍音をいじる良さだけにフォーカスしましたが、実はこの倍音こそがボーカルなどを埋もれさせてしまう裏番長だったりします。

 

倍音って、二次倍音、三次倍音、、、としばらく続きますが、普通にオクターブ上の二次倍音や四次倍音ならともかく、三次倍音は「1オクターブ上の5度」、五次倍音は「2オクターブ上の長3度」、七次倍音に至っては「2オクターブ上の増6度」など、、、、元の音程とはちがう音階の音がなって来ます。単音ならまだしも、コードなどの和音はそれぞれの音にこの倍音が関わってくる訳で、、、、、つまり大体の楽器の基音の上限である1khz以上(細かく言えば違います)はとんでも無い事になってるのがわかってきたと思います。この倍音を整理してこそ、プロがMIXした様に聞こえるキモです!ここを自分の自分なりに思い通りに出来るようになれば「EQの基本」は極めたと言っちゃいましょう(笑)

 

基本は変わらず、細いQでブーストし、あからさまに他のトラックの音の邪魔になるポイントをカット→次の邪魔を探すの繰り返し。だいだい邪魔なポイントは、極端にブーストすると「コモコモ?」「モアモア?」「モホモホ?」そんな感じの音になるので体感してみてください。

 

サビとかで音数が増えると歌が一気に埋もれてしまうのこいつらのせいです。この細かい処理を各トラックで行っていくと、Voの為のステージがどんどんと開けていき、サビのボーカルが正にサビのように一気に抜けて来ます。

 

後、倍音で思い出したんだけど、レコーディングしてるときにボーカルがどうしてもうまくピッチがとれない時ってあると思うんですが、だいたいボーカルのせいじゃないことが多くて。

 

ここで気をつけたほうが良いのが、アレンジの話にも繋がるんだけども、ボーカルのメロディーより上の位置であまり音を動かさない事が重要。簡単に言うとその音に耳が引っ張られるから自分のピッチが取りにくい訳。なので、サビでコード楽器が白玉が多い理由でもあって、ギターもシンセも他のオケ音も動いてるともう迷子よね。ボーカルがかわいそう。レコーディング経験が無いボーカルほど自分のせいだと思ってどんどんTAKEが悪くなってく悪循環もある。もう入ってるオケなら、レコーディングときだけそのトラックをMUTEしてあげてMIXで住み分ければ何とかなります。

 

(アレンジに関しては、別カテゴリーでも作ろうかな。日本の作家と海外の作家の送ってくるデータがあまりにも違うからそこについてそのうち書いてみようかな。)

 

さらに最初の方に倍音の位置のことを書いたとおり、そのうちそのコードやスケールから外れた音が聴こえてくるから、その倍音等の飽和状態を見事に整理するのが音が良い言われるプロの人のEQかなと。

 

エンジニアとプロデューサーに一番必要な才能は、自分の知識と経験を持っていかに相手の才能を引き出すかだと思うんですね。曲を書いたからって全部決めたがるタイプや偉そうに相手を緊張させるタイプ、そもそも知識や技術のレベルが低いけど仕事になってる運が良いタイプとかとは何回も仕事したくないでしょ?

 

一番目立たせたい事(重要なこと)を意識して、それ以外を整えていくと勝手に主役が目立ちます。音も裏方もそれでいいの。