いつも寝起き?って聞かれます。。

自称日本で一番詳しい方の業界人の表じゃ書けないDAW関連本音レビュー とMixテクニックをつらつらと書いていきます。

プロでも使えるMIXテクニックEQ編Vol.4:倍音を理解して意識する。

よく出てきますよね「倍音」って言葉。基音があってそれの倍の周波数に居る音が、、、的な基本と理論は例のごとく飛ばします。

 

生楽器は単体で弾いてても寂しくないですよね。逆にエレキギターの生音はそれだけでは寂しく、テンションも上がらなくないですか?エレキとアコギの弾いてる時の気持ちよさ差ががかなり大分雑ですが、倍音が豊かかどうかかなと。アコーステック楽器を触っている時の方が曲のアイディアをとかが浮かびやすいのも個々かもしれません。

 

例えば、キックが抜けてこない時、100hz以下をブーストするのではなく、倍音の位置の2~4khzを軽くブーストした方が良い結果になることが多いです。正にこれをやっているのがSonnoxinflatorとかですね。倍音をいじると存在感が増すので、ボリュームが上がった様に聞こえます。(どちらかというと、inflatorは中低域がドッシリとし安定感が出る気がしますが。)

 

では、倍音をどうやって豊かにするかというと以下のパターンが考えられます。

 

EQ倍音をブーストする

⑵歪ませる

 

UAD-2プラグインが人気があるのは、自分で意識をしなくてもこのふたつが同時に行われているかもしません。まあ、個人的にはUAD-2的な濃い味はラッシュは胃がモタれる年齢なのできっぱりと「卒業」してます。荷物も出費も増えるしね(笑)

 

では、⑴から、ここでオススメなのが前述のWavesSSL Colection(同じシリーズのAPIも使いやすいですね~)です。これらのプラグインの共通する特徴は、極端なブーストをしても破綻しにくいので、アウトボードの感覚に近く操作出来ます。インプットレベルとアウトプットレベルの設定や簡単なダイナミクス調整も出来るので、個人的な好みではEQ単体のモデルではなく、チャンネルストリップの方がイメージに近づきやすいですね。これで思いっきりグリグリします。グリグリを繰り返しているうちに、それぞれの楽器や声のポイントが分かってくると思います。

 

⑵の歪ませるのイメージは、オーバドライブよりはクリーンブースターの方が近いかなと。簡単なイメージだと、

 

真空管系→ハイが痛くない感じに伸びる。

テープ系→ローミッドが引き締まり、低音感が増す。うるさい音を少し大人しくする。

 

他にもアウトボード特有の歪やコンソール特有の歪みなどもあります。詳細はまた飛ばします。いろいろ試した結果、シンプルかつオススメなのがSteven Slate Digital VCCWAVES/NLSでも可)とDUYDaTubeDaTape(古いですがどうしても好きなんですよね~。最近は仕様頻度が減りましたが)の合わせ技です。イメージはテープ時代!Tapeで録った音をアナログコンソールに並べるをバーチャルするワケです。宅録の常套手段ラインRec&ソフトシンセには大分効果あります。

 

例えばこんな感じ。

 

Da Tape(シンバルとかの金物は音によってDa Tube)→VCCSSL or Neve)→Waves SSL Channel(内蔵コンプは使ってもかなり薄く)→音に合わせたコンプRenn comp or CLA 76(ギターはLA-3A,BassLA-2AMとか)→必要有れば微調整様EQQシリーズ、Pro-Q)

 

まあ、ここまでやらなくてもほぼほぼ対応出来ますけど、元音がちゃんとしていないデータが来たら1回リセットの意も込めて。

 

このあと、各楽器グループごとのBusBusについてはBusを極めろにて)で質感&音量調整にVertigo/VC-2とかSSL/G-Compとかの素敵CompSub Masterにてステレオ感やミッド&サイドのバランス調整にWaves CenterBX Saturaterなど(ここで2mixは完成)→Master Trackで提出先に合わした音量や音圧などの最終調整をします。

 

特にBX Saturaterは、M/Sで歪ませることが出来るので、混みまくっているセンターに影響を与えずにギターの壁やシンセのサイドだけの存在感などを調整出来るのでお薦めです。