読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも寝起き?って聞かれます。。

自称日本で一番詳しい方の業界人の表じゃ書けないDAW関連本音レビュー とMixテクニックをつらつらと書いていきます。

プロでも使える脱力系MIXテクニックEQ編Vol.1:「そのEQ要ります?」

MIX

この楽器はここの周波数をイジれ!的な細かい説明は他の誰かに任せるとして、EQを簡単に言うと決めた周波数をどれくらいの幅で増減させるかを行うモノ。その増減をする際に幅(Q)がどの様に変化するかが各EQの個性とも言えるワケです。

 

さて、ではどうやって使うのかが本題です。雑誌やWebでみた設定を適当に当てはめて必要かどうか分からないEQをしてないですか?

個人的にはEQの設定の本がある時点で苦笑でしか無いのですが。。

 

例えば、KickEQを例にすると「ソフトシンセだろう生楽器だろうと、ローカット入れて、6~70hzをブースして、べーストの干渉を考えてローミッドを削って、倍音の辺りをブースト~」的な同じ様な設定が書いてあることが多いですよね。だいたいのソフト音源は製作時に既にかなりの処理をされている訳で、何かで読んだ「生なら必要な下処理」は必要の無い事も多いです。もちろんミックスなんて結果が全てなんで、間違ってるとは言いませんが。

 

つまり雑誌やWEB等で有名エンジニアが言ってる設定が必ずしも「絶対」ではないのです。その設定は曲も違えば、生を収録したものに対する設定かもしれないし、サンプルやソフトに対する設定かもしれない訳です。なので、その設定が有効なのは「その曲の中で使われたその音」のみです。曲が違えば周りのトラックの音も違うし、そもそも処理する音が違えば、処理方法も違うってことですね。つまりそのエンジニアがその曲の中でその音に対して行った処理の結果を書いてあるだけです。

 

プラグインによっては有名なエンジニアさんが作ったプリセットがいっぱいあるので、それ参考に真似をしてその結果を経験値として貯めるのは有効な学習方法だと思います。自分で1から設定を作れたり、プリセットから自分で思い通りに調整を加えられうようになるのが最終的な目標にしたいですよね!

 

ただ、EQCompをかけ始める前にまずそれぞれのVolPanの調整で解決する事もしばしば。フェーダーやPanで調整をする前に闇雲にプラグインをインサートしはじめて、各トラックの干渉を過剰に処理した結果、芯の無い音ばかりになってしっまっている状態のミックスをよく見かけます。

 

まずマスタートラックのメーターで、キックとベースなどの低音楽器のみを鳴らして、 -10db ~ -6dbくらいに鳴るように各トラックのVolを調節して下さい。それで聴こえるVolが小さければ、モニター環境のVolを上げてください。あくまでザックリとした基準です。そこで決めたスピーカーやヘッドフォンのVolを記録して、毎回その設定で始めると結果のバラつきが減るはずです。同じオケ2つ用意して、片方の音量を気持ち大きくし交互に再生すると、音量を上げた方が音が良いって思っちゃうくらい人間の耳は適当なんですね~。

 

ソフト音源がメインの人だと、さっきの設定にすると各トラックのフェーダーが意外と低い位置になってくると思います。つまり最近ソフトは初期設定でかなり音がデカいんですね。それにもかかわらず、0dbに近い方が良い的な話を何の疑いも無く信じて、マスタートラックはバンバン赤!リミッターでギュー!!何とか0dbに収まった(苦笑)

 

まあ、結果は言わずも知れたNOダイナミクス&歪んでる→音が悪い、、→何か他に良いリミッター無いかしら?っていう、立派な「プラグインゾンビ」の始まりです。そんな人がアウトボードのコンプに魔法の様な希望を描いてもね~。。。

 

マスタートラック(実際は後述のサブマスタートラック)のメーターで、低音の合計で -10db ~ -6db、ボーカルと上物入って-3~4dbを狙って音量を調整をするそれがスタートポイントです。

 

かの有名なトニーマセラティが良い言葉を言っています。

 

「音量や音圧を稼ぐのはマスタリングエンジニアの仕事だ。僕には関係ない。」だっけかな?大体ですが、そんな感じ。ちゃんとしたミックスが出来ている2mixなら、いくらでもそのバランスのまま音量も音圧も上げれるので、別の工程として考える位で丁度いいもしれません。

 

EQの話のはずが、完全に音量バランスの話になってしまったので次回こそは!