読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも寝起き?って聞かれます。。

自称日本で一番詳しい方の業界人の表じゃ書けないDAW関連本音レビュー とMixテクニックをつらつらと書いていきます。

言いたい放題の機材レビューVol.2:今主流のオーディオ・インターフェースを一刀両断!安めのインターフェイス編

機材レビュー

ここで薦めてない製品を薦めて来る定員はただ自分の売上の為しか考えてなく客のことは考えてないと見てよし。そんなやつと長く話すのは時間とお金の無駄。口や態度が悪くても、評価や自分に必要を本音を言ってくれる定員を探すべし。これがこの10年で学んだ一番の買い物術だな。

 

RolandCaputeシリーズは安い以外なにも無い。少しくでも詳しくなったら手元にも無いはず。

 

AudientIDシリーズは「これ音が良いね!」って口コミから人気が出てきた新興メーカーだけど、最近のドライバーのせいか安定性が悪いって人が結構多いから勿体無い。ドライバーってやっぱり難しいのかね。

 

ZoomTACシリーズは音硬いけどコスパは悪くない。TBものは全部音が固くなる気がするけど、好みで決めてよし。

 

TASCAMを薦めて来た定員はものをちゃんと試してる気がする。音も安定も悪くないから、コンピューター苦手ない人はこれが良いんないかな。日本人って国産<海外メーカーなとこあるけど、値段が安いのは国産だからってだけでクォリティーの問題じゃないこと多い。

 

Steinbergを薦めてきたら、既に定員に面倒くさがられてるかも。始めるならCuabseの簡易版ついてるしこれで良いでしょって。だからSteinbergCubaseユーザーが一番多い訳で。島◯楽器やDMステーションとかのステマなおかげな気もする。

 

 

Personusの新しいシリーズは、音が悪いわけではなくて他社の比べると不思議なバランスなので、好き嫌いが分かれそう。USB3での接続の安定性がもう少し欲しいかな。デフォルトでステレオのパンがセンターなので、試聴時は要チェック。もともとマイクプリで名が通ったとこだから録り音もそんなに気にならない。

 

Focusrite Scarlettシリーズは、海外で以上な人気(多分Peripheryのおかげ?)で国内と評価の差がすごい。アメリカの有名店の店頭に書いてあった「国内で売れてるオーディオインターフェイス・ランキングTOP10」のうち4個くらいがFocusriteって、あっちで言えば国産ってことかな。コントロールソフトに慣れれば諸々悪くない。Clarettシリーズのマイクプリは消してREDそのもの音じゃないけど、上の抜け感や解像度、生楽器の弾き易さなどは結構近い気がするから、言いたいことは分かるのでコスパ良し。

 

iConnectivityはいろいろもう少しかな。機能と理想は凄い良いから、ソフトの使い勝手と安定性がアップすれば良いな。スタジオにIOSや二台目のMacの同期用に入れようかと買ったけど、日本の代理店の説明レベルの低さではなかなか使いこなせないでしょうね。結局自力で解決したし。結局、Mac同士の同期はVEP6iOSとはKORGplugKEYでやってるな。